3次元ジェッティング流動層における粒子濃度分布の測定 Measurement of Solid Fraction Distribution in a Three-Dimensional Jetting Fluidized Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

分散板中央にノズルを有する円筒型ジェッティング流動層コールドモデル内の粒子濃度分布を反射型光学繊維プローブを用いて測定し, ノズルガス流速, 分散板形状, 分散板ガス送入の有無がジェット内の諸現象に与える影響を検討した. コーン型分散板を用いた場合, ノズルガス流速を増加させると, 中心部の濃度が一定となるまでの高さとして定義したジェット高さは高くなり, その値は Yang らの式による推算値に近くなった.平板型分散板を使用した場合, コーン型分散板の場合と比べジェット内粒子濃度, ジェット径は増加し, ジェット高さは低くなった.分散板ガスを送入しない場合, 高濃度領域が高い位置まで形成され, ジェットの径・高さはともに増加した.粒子濃度はジェット内で減少した.

Solid fraction distribution in a cyrindrical jetting fluidized bed with a center nozzle was measured with an optical fiber probe. The effects of air flow rate through the nozzle, shape of distributor and background air through the distributor on various phenomena were investigated. When a cone shaped distributor was used, jet height, defined as the height from where the solid fraction of the center became a certain value, increased with increasing air flow rate through the nozzle, and its value was close to that estimated by Yang and Keairns' correlation (1979). When a flat distributor was employed, the solid fraction in the jet was higher and the diameter of the jet was larger, but jet height was lower than that when the cone shaped distributor was employed. In the case without background air, a high concentration region was observed in the annulus, and both the jet height and jet diameter became larger, but solid fraction became lower in the jet.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 867-874, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669234
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995444
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ