円錐型ガス分散器付き流動層によるポリエチレン粒子の部分燃焼ガス化における流動化粒子量の影響 Effect of Silica Sand Amount on Partial Combustion Gasification of Polyethylene Pellets in a Conical Distributor-Equipped Fluidized Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃プラスチックの再資源化技術の一つとして, 流動層による熱分解ガス化が挙げられる.流動層のガス分散器には多孔板を用いるのが一般的であるが, 前報 (Tomita <I>et al</I>., 1993) で流動化空気を低減しつつ層内の良好な流動状態が実現できる円錐型ガス分散器を用いた流動層がポリエチレン粒子の熱分解に有効であることを確認している.そこでは流動化粒子量を一定 (170g, <I>L</I><SUB>0</SUB>/ <I>D</I><SUB>c</SUB>= 1.5のみ) として実験を行ったので, 本研究では熱分解ガス化成績に及ぼす流動化粒子量の影響について検討した.

The effect of amount of sand on gasification performance, such as lower heat value of product gas and amounts of oil and char formed, was studied by using a reactor of 57.5 mm diameter and 600 mm length. In this partial combustion gasification, a smaller degree of partial combustion is desirable for better utilization of heat of combustion. Such partial combustion was realized with relatively large amounts of sand. By considering this fact, and the observed behavior of the lean phase fluidized bed in a cold model experiment, an incipient bed height/column diameter ratio of 1.2 to 1.7 may be advisable for better gasification performance.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(4), 966-968, 1996-07-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669387
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    3995463
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ