プロセスシステム工学の過去, 現在, 未来 Process Systems Engineering : Past, Present and Future

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

プロセスシステムの計画・設計・運用・操作の方法論の確立を目指す新しい学問体系として発展を遂げてきたプロセスシステムエ学 (PSE) も, はや35年近い歴史を持つにいたった.<BR>我が国におけるPSEの研究活動の中心的役割を果たし, 今年創立20周年を迎えた日本学術振興会プロセスシステムエ学第143委員会の活動の足跡を辿ると共に, 我が国が発祥の地となったPSE国際シンポジュウム, 欧米での主要な会議における研究発表の動向を追うことによって, PSEの発展の流れを概観する.<BR>21世紀を目前に, 我が国の化学産業も多くの問題に直面しており, PSEもそれらの難問の解決にむけ, 何らかの形で貢献出来るよう, PSEの新しいパラダイムの創生もふくめて, 更なる展開をめざすべき時期にきており, その発展の方向についてもふれる.

Process Systems Engineering (PSE) has almost 35 years of history as a new discipline with the mission to establish theories and methods for the planning, design, management, and operation of process systems.<BR>In an attempt to grasp the historical perspective of PSE research, this report reviews the past activities of the JSPS Research Committee No. 143 on Process Systems Engineering since its foundation exactly 20 years ago--the period in which the committee has played a pivotal role in the PSE research in the country. The series of PSE International Symposiums which started in Kyoto in 1982, as well as some contributions presented at major conferences held in Europe and North America, are also analyzed.<BR>With the 21 st century already in the sight, the chemical industries of Japan currently face many difficult challenges. In order for PSE to be able to help solve those problems, further development including some new paradigms, is very much desired. This report touches upon such possibilities.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 973-984, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669397
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057603
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ