離散化ボルテラ級数モデルによる非線形プロセスのモデリング法 A Method for Modeling of Nonlinear Process Dynamics using Discrete Volterra Series Model

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

離散化ボルテラ級数モデルによる非線形プロセスのモデリング法を開発した.本手法は, 離散化ボルテラ級数モデルの構造次数と入力次数の組合せを一定の手順で変え, 組合せごとに適応ディジタルフィルタにてパラメータを推定し, 出力とモデル出力との絶対偏差積分値 (IAE) を計算する.それらを比較し, IAEが最小となるモデル構造を決定する.<BR>本法の有効性を検証するため, エチレン装置脱メタン塔の塔底温度制御系に適用した.その結果, 本法は有効であることがわかった.

A method of modeling for nonlinear process dynamics using the discrete volterra series model has been developed. It involves the parameter estimation of a volterra series model by an adaptive digital filter method and calculation of several IAEs between process output and model output in sequentially combinating a volterra series structured order and input series order. The optimum structure of a volterra series model which has minimum IAE is determined by comparing with several IAEs. It was applied to the bottom temperature control loop of the demethanizer distillation column in an ethylene plant to confirm the design philosophy. The actual result indicates that the proposed method in this study has the advantage of modeling for nonlinear process dynamics.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 996-1000, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669426
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057606
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ