状態変数間に因果関係が成立するための制約条件を利用する異常診断法 Fault Diagnosis Using Condition for Cause-Effect Relationship among State Variables

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

運転支援システムを実用化するためには, 異常診断サブシステムの性能を定量的に評価することが不可欠である.しかし, 異常診断サブシステムの性能の中で運転時の診断精度の定量的評価指標のみが提案されている.本研究では, 運転時の診断確度, 設計時の診断精度および診断確度の定量的評価指標を提案する.さらに, 符号付有向グラフと呼ぶ定性的モデルを用いる異常診断法において, 状態変数間に因果関係が成立するための制約条件を利用する診断法を提案する.提案する診断法は, 診断確度を保ちつつ診断精度を向上させることのできる優れた診断法であることを, ミニプラントを用いて示す.このとき, 提案する定量的評価指標の妥当性を併せて示す.

It is essential to quantitatively estimate the performance of fault diagnosis. In particular, two quantitative performance criteria are very important : diagnostic reliability and diagnostic accuracy. Each criteria is defined for the design phase and the running phase, respectively. This paper addresses diagnostic reliability for the running phase and diagnostic reliability and accuracy for the design phase.<BR>A fault diagnostic method utilizing signed directed graph is proposed. In this paper, a modified fault diagnosis method which has higher diagnostic accuracy than the aforementioned method's diagnostic accuracy is proposed. The proposed method uses conditions for cause-effect relationship among state variables. Furthermore, the performance of the proposed method and criteria is demonstrated by use of mini-plant.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1009-1017, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669444
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057608
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ