GAを用いたスケジューリングにおける最適交叉法の自動選択 Automatic Adjustment of Crossover Method in the Scheduling using Genetic Algorithm

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

遣伝的アルゴリズム (GA) では用いる遺伝演算子 (交叉法, 突然変異法) により, 計算効率が大きく異なる.よって, これまで個々の問題に対して, その問題に適した交叉法, 突然変異法が提案されてきた.本研究では, 予め用いる交叉法, 突然変異法を定めるのではなく, 複数の遺伝演算子を確率的に利用するアルゴリズムを提案する.提案したアルゴリズムでは, 世代の進行に伴い, 用いた遺伝演算子の効果を考慮して, 利用する遺伝演算子の確率を変更する.よって, 問題が与えられたとき, その問題に対して効率的な遺伝演算子を予め選定する必要もないし, 新たな遺伝演算子をアルゴリズムへ追加することも容易である.このような特徴を有するため, 提案したアルゴリズムは, 評価指標などの異なる種々のスケジューリング問題に汎用的に利用できる.提案したアルゴリズムを, 並列装置からなるプロセスのスケジューリング問題に適用し, その有効性を確認した.

In the optimization algorithm based on genetic algorithm (GA), the performance of the algorithm depends on the GA operators used in the algorithm. Thus, in the past years many types of operators (mutation and crossover methods) which are appropriate for the respective problems have been proposed. In this paper, an optimization algorithm using several types of GA operators is proposed. In the proposed algorithm, the effectiveness of each operator used in the generation is evaluated and the probability of using that operator is changed as the generation progresses. Therefore, when a problem is given, the selection of the operators suitable for the problem is no longer needed. Furthermore, new operators can be easily added to the algorithm without discussing the effectiveness of the operator. A scheduling system using the proposed algorithm is developed, and it is applied to the scheduling problem of a parallel-unit process. The result shows that the scheduling system using the proposed algorithm can derive reasonably good schedules, even if the type of objective function is changed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1039-1045, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669462
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057611
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ