リアプノフ関数構成法にもとづくスライディングモード制御系の設計とその応用 A New Design Method of Sliding Mode Control Systems Based on the Construction of Liapunov Functions and its Application to NH_4-Alum Pyrolysis Reactor Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

リアプノブ関数構成法 (可変勾配法) にもとついた新しいスライディングモード制御系設計法について検討した.本方法は線形のみならず非線形切り換え曲線を生成することが可能である.本方法は, 強い吸熱反応を示すアンモニウムミョウバンの熱分解プロセスに対して, シミュレーションおよび実験の両面から検討され, 良好な制御成績を示した.

A new design method of sliding mode control based on the construction of a Liapunov function is proposed in this paper.<BR>This method enables us to generate not only linear, but also nonlinear switching curves. Both numerical simulations and laboratory experiments on highly endothermic NH<SUB>4</SUB>-alum pyrolysis reactor control were carried out using this new design method.<BR>Good control performances were obtained in experiments as well as in simulations.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1055-1061, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669476
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057613
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ