適応型モデル予測制御で発生するカオスの特徴 Characteristics of Chaos in Adaptive Model Predictive Control

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

非線形サンプル値制御では場合によってはカオスが発生することが知られている.本論文では, 適応型モデル予測制御で発生するカオスについて考察した.対象としたシステムの閉ループ特性は状態についての有理関数の非線形項を含む離散力学系で表わされる.この系で現われるカオスの特徴を, 分岐図, 相空間におけるアトラクター, 安定および不安定多様体の交わり, リアプノフ指数などを計算して詳細に調べた結果について述べた。

It is known that nonlinear sampled-data control sometimes shows chaotic behavior. In this paper, chaos in an adaptive model predictive control system has been studied. The closed-loop behavior of the system is represented by a discrete dynamical system with a rational function of state variables. Several characteristics of the chaos in the system have been identified by providing bifurcation diagrams, attractors in the phase space, stable and unstable manifolds, and Lyapunov exponent.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1062-1069, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669481
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057614
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ