条件/事象ネットモデルを用いた離散事象の制御 Control of Discrete Events Using Condition/Event Net Models

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

バッチプロセス, およびその制御系は事象が生起することによって状態が遷移する離散事象系としてとらえることができる.本論文では, 離散事象系をペトリネットのサブクラスである条件/事象ネットでモデル化し, その動作を半言語で表す.そして, 離散事象系の制御問題を, 条件/事象ネットでモデル化された制御対象と, 半言語で記述された目標動作を表す仕様が与えられたとき, その動作を実現するようなコントローラを表す条件1事象ネットを求める問題として定式化し, この問題が解をもつための条件, およびその解法について考察する.また, これに基づいたシーケンス制御系の一つの設計法を提案する.

Chemical batch plants and their sequential control systems are regarded as discrete event systems. There has recently been great interest in the control of these systems. This paper first formulates a control problem for discrete event systems as follows : given the controlled plant modeled by a condition/event net (C/E net) and some specification of the desired behavior described by a partial language, synthesize a controller to realize the specified behavior. It next studies the properties of this C/E net control problem and then presents a method of finding solutions. It also discusses the practical applications of the control problem to the design of sequential control systems.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1070-1078, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669491
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057615
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ