測定器の故障診断システムの最適設計 Optimal Design of a Diagnosis System for Faulty Sensors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

測定変数間の線形な関係式とχ<SUP>2</SUP>検定を利用して測定器の故障を診断するシステムの設計仕様として, 診断対象とすべき測定器の集合, 誤報の確率の上限値, 検出すべき故障 (偏差) の大きさの下限値と測定器の精度 (標準偏差) との比, 欠報の確率の上限値が与えられたとき, これらの仕様を満足し, かつ, 設置費用最小の測定器の配置を決定する問題を組合せ論的最適化問題として定式化する.また, 診断対象システムの自由度に対応する限界検出力の概念を導入することにより, この問題を効率よく解く方法を提案する。

A problem of optimal design of a diagnosis system for faulty sensors is formulated as a problem of minimizing the cost required to construct the allocation of sensors which realizes the required upper limit of probability of false-alarm, lower limit of systematic error and upper limit of probability of mis-alarm for the given set of sensors to be diagnosed. A concept of critical detectability is introduced corresponding to the degree of freedom of the sensor system and a method is presented to solve this problem by use of this concept and the branch-and-bound algorithm.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1084-1092, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669509
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057617
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ