蒸留塔スタートアップ操作を生成するシステムの開発 Development of a Start-Up Operation Generation System for a Conventional Distillation System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

化学プラントのスタートアップの操作手順は, 操作手順の設計時の初期条件に影響されるため, その初期条件が変化した場合, 変更前の操作手順は適用できなくなる.本論文は, このようなスタートアップ操作の柔軟性を確保するために, プラントのトポロジー情報とプロセスのリアルタイムデータを利用して操作手順を逐次生成する方法論を示すとともに, その方法論をベースにした操作システムを作成し, それをパイロットプラントの蒸留塔に適用し, 有効性を検証した.幾つかの異なる初期条件を設定し, スタートアップを実行したところ, 全てのケースに対して問題なく操作を完了し, その有効性が確かめられた.

Operating procedures are usually provided in advance for the fixed initial operating conditions to be used in the real time operation. They may loose their applicability when the initial operating conditions differ from the predefined ones. To improve their flexibility in terms of operations, this paper proposes a methodology for generating the operating procedures by using plant topological data and real time process data. It is implemented in a prototype system and is applied to a pilot plant of a conventional distillation system. As a result, the proposed system can perform start-up procedures satisfactory for several cases with different initial conditions.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1124-1129, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669545
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057621
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ