社会的合意形成支援のためのグループ意思決定手順の提案 A Proposal of Group Decision Making Procedure for Supporting Social Consensus Making

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本論文では, 現実社会と関わりの深い工学システムの問題解決において重要と考えられる以下の特徴に着目して合意形成支援システムに関する考察を行った. (1) 最終目標は決定上の主要な基準となる定量的な副目的以外に若干数の定性的副目的によって評価される. (2) 意思決定の際の各グループの決定権は異なる.このため各グループの価値システムの設計や決定権の決定のために階層分析法 (AHP) を適用した.また意思決定段階では各副目的の性質の違いに従って目的の階層図を再配置した上で, コンフリクトの解消のための段階的手順を与えた.その過程で定式化された離散的最適化問題から求められる候補解の総合的評価のための得点化法を提案した.得点化はマン・マシン間の対話を通じて繰り返し行われるため, 問題を効果的に解くため遣伝アルゴリズム (GA) の適用を試みた.最終的に, 放射性廃棄物管理システムへの適用を通じて, 提案する手順がここで関った不明確な定義の問題に対するグループ意思決定支援法 (GDSS) として有望であることを数値的に検証した。

Being interested in supporting social consensus making, in this paper, we have proposed a group decision making procedure through conflict resolution in the following situation : each group has a different privilege with decision making ; the final goal should be evaluated by a few qualitative sub-goals besides quantitative ones. For this purpose, we have developed a step-wise procedure that has been popularly adapted when encountered with complicated and large-scale problem-solving. As well as at the value system design phase, we applied the analytic hierarchy process, AHP to decide weights standing for the privilege at the decision making phase. Then, after rearranging the hierarchy of the sub-goals depending on the nature, we have provided an iterative procedure to derive a final solution from a discrete optimization problem. To reduce the difficulties of multi-objective decision making thereat, we took a scoring method for total evaluation and applied the genetic algorithm as a solution method.<BR>Through numerical experiments applied to a planning problem of the radioactive waste management system, we have shown numerically the proposed approach is very promising for social consensus making.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1147-1156, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669581
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057624
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ