化学反応装置の安全操作領域 -発熱反応と吸熱反応が併発する場合- Safe Operating Region of Chemical Reactors in Which Exothermic and Endothermic Reactions Proceed Simultaneously

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

発熱反応と吸熱反応が併発する完全混合型反応装置の定常状態の数およびそれらの安定性は, 両反応の熱的特性および操作条件によって大きく変化する.本研究では, 発熱反応と吸熱反応の反応熱と反応速度定数との積の和を表す関数の形状を6種類に分類し, それぞれの場合について位相面図上での状況点の軌跡が垂直および水平となる2本の等傾曲線の位置関係から定常状態の数を, また両等傾曲線で区切られる領域での軌跡の進行方向から各定常状態の安定性を判別する簡易法を確立した.この方法を応用することによって, 発熱反応と吸熱反応が併発する反応操作の計画および設計に先立って, 定常状態の存在する領域および各定常状態の安定性の概略を知ることができるとともに, 反応装置の安全操作領域を予測することが出来る.

Steady states of a complete mixing type reactor in which exothermic and endothermic reactions proceed simultaneously vary considerably, depending on the thermal characteristics of the reactions and operating conditions of the reactor.<BR>In this study, a simplified method to predict multiplicity and stability of steady states is established. Shapes of a function defined as the sum of products of heat of reaction and reaction rate constant are classified into 6 types, and a number of steady states are predicted based on the relation of location between 2 isoclines on which trajectories are horizontal and vertical. The stability of steady states is determined based on the directions of trajectories in each region separated by 2 isoclines.<BR>By making use of the method, outlines of the region in which steady states exist, stability of steady states, and also safe operating region can be predicted.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1161-1166, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669601
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057585
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ