気相酸化法による高純度酸化チタンの特性制御 Property Control of High Purity Titanium Dioxide by Vapor Phase Oxidation Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

電子材料用ペロブスカイト原料としての高純度酸化チタンの気相酸化法による合成において, その粉体特性の制御を調べた.気相酸化による酸化チタンの製造法は, 高温の四塩化チタンと酸素を反応させて酸化チタン粒子を合成する方法である.このとき粉体特性を制御する条件をパイロット実験により求めた.<BR>この結果, rutile促進剤として水蒸気の添加で, 100%のrutileが合成でき, また, 反応温度を低く制御することで, 100%のanataseが合成できた.均一粒子の生成には乱流拡散律速で燃焼反応させることを要するが, この拡散速度を変えることで, 平均粒子径を0.20μmから0.52μmまで制御できた.<BR>これらの基礎実験に基づき, 電子用セラミックス原料として, 高純度で, 均一かつ凝集を抑えた単一の結晶組織で, 用途に応じた粒径の酸化チタン粉末の連続的な生産が可能となった.

The property control of high purity titanium dioxide for the perovskite of electronic materials was examined by a vapor phase oxidation process. In the production process of the titanium dioxide by the CVD method, the powder of titanium dioxide is synthesized by the reaction of the titanium tetrachloride with oxygen at high temperature. Conditions to control the powder properties in this process were investigated using pilot-scale apparatus.<BR>Consequently, 100% rutile crystalline powder could be synthesized by addition of steam to promote rutile formation. Also, 100% anatase could be produced of a low reaction temperature. Uniform particles in size, shape and crystalline structure were produced by the reaction of turbulent diffusion combustion and the particle size could be controlled from 0.20μm to 0.52μm by varying the diffusion rate.<BR>On the basis of these fundamental experiments, it became possible to continuously produce high purity titanium dioxide single crystalline powder with uniform particle size.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1167-1173, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669608
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057586
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ