ドラフトチューブ付噴流層ガス化装置による石炭ガス化 Catalytic Coal Gasification Using a Draft Tube Spouted Bed Gasifier

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蓄熱セラミック粒子を循環する新規のドラフトチューブ付噴流層ガス化装置を使用し, 炭酸カリウム担持亜歴青炭から水素リッチガスを生産することを試みた.1気圧, 約800℃で, 石炭供給速度1kg/hでの実証試験が実施された.その際, ノズルードラフトチューブ間距離<I>H<SUB>D</SUB></I>を3及び6mmの2通りについて実験した.<I>H<SUB>D</SUB></I>=6mmの実験では, ノズルからアニュラス部への多量のバイパス流のために, 生成ガス中には低含有率の水素しか得られなかったが, <I>H<SUB>D</SUB></I>=3mmの実験では当初予測した結果, すなわちタールは無く, ほとんど完全な炭素変換率及び生成ガス中に55%水素含有率といった点が達成され, 提案した石炭ガス化装置の有用さが実証された.

A new type of coal gasifier, consisting of a draft tube spouted bed with circulating ceramic particles as a thermal medium, was demonstrated to produce hydrogen rich gases from subbituminous coal loaded with potassium carbonate. Examinations at a coal feed of 1 kg/h were carried out at atmospheric pressure and ca. 800 °C, employing two levels of <I>H<SUB>D</SUB></I> (= distance between throat nozzle and draft tube), 3 and 6 mm. Although a low content of hydrogen in the produced gases was obtained due to the large amount of bypass flow (from nozzle to annulus) for <I>H<SUB>D</SUB></I>= 6 mm, initially expected results such as no generation of tar, nearly perfect carbon conversion and 55% hydrogen content in the produced gases were achieved for <I>H<SUB>D</SUB></I>=3 mm, proving the potential of the coal gasifier proposed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1180-1184, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669623
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057588
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ