無破砕都市ごみ流動層炉の燃焼特性 Characteristics of a Fluidized Bed Incinerator under the Supply of Unshredded Municipal Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみを破砕することなく焼却する流動層炉において, 安定した燃焼を得ることを目的として, 最近の厳しい公害規制に対応できる流動層炉の燃焼方式を開発し, 炉内の輝度に対応して流動空気量, 二次空気量及びごみ供給量の制御を行った.その結果, 今まで排ガス中の一酸化炭素濃度が1000ppm近くであったものが10ppm以下となり燃焼が安定することが確認された.また, ごみが炉へ落下していく量を検出して, ごみが流動層に到達する前に流動空気を絞り流動砂の流動化を弱めれば, 燃焼に有効であると思われるフィードフォーワード制御が課題として提起された.

A new combustion control system for a fluidized bed incinerator being fed with unshredded municipal solid wastes (MSW) was developed and tested under the control of primary and secondary air flow rate, and the feeder speed.<BR>This control system corresponds to the detection of brightness in a furnace and is for the purpose of obtaining stable combustion ; also, this method could cope with recent stringent air pollution regulations. As a result, the combustion was stabilized and the concentration of carbon monoxide in the waste gas become less than 10 ppm, whereas it was sometimes about 1000 ppm in the case of no new combustion control system. In addition, a new method of the feed forward control that weakens the fluidization of sand before MSW reaches the fluidizing sand by detecting the MSW feed rate is raised ; this method will be very effective for combustion.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1185-1191, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669628
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057589
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ