非水溶性不凍液を用いた管内リキッドアイスの生成 Continuous Formation of Liquid Ice in The Vertical Pipe Using Water-Immiscible Coolant

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

蓄冷材として特に注目されている, リキッドアイスと呼ばれる, 流動性のある氷の連続生成を目的に, 垂直円管内において非水溶性不凍液と水との直接接触による伝熱実験を行った.また流れの可視化写真を撮影し, その流れ構造を明らかにした.これらの結果より, 垂直円管を用いたリキッドアイスの連続生成が, 可能であることを明らかにするとともに, 容量係数を用いた実験式を得た.これらの実験式から, 伝熱効率, 水に対する氷の質量比が実験範囲内において, 総流量に対する水流量の比で表されることを明らかにした.

A liquid ice is useful as a cold heat storage material. Heat transfer experiments were carried out for continuous formation of liquid ice in the vertical pipe where water is chilled by immiscible coolant. Experimental results showed that the direct contact of water and coolant in the vertical pipe was practicable for continuous formation of the liquid ice. As a result, or empirical correlation of capacity coefficient of heat transfer was obtained. The calculated results which were estimated by using the correlation were in good agreement with experimental results. Within the experimental range, it was made out that heat transfer efficiency and mass fraction of ice were correlated with the ratio of water and coolant mass flow rate within the experimental condition.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(5), 1201-1206, 1996-09-10 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669662
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4057591
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ