イオン交換法白金担持シリカゲルの調製における白金アンミン錯イオン価数の影響 The Influence of Platinum Ammine Complex Ionic Valence on Pt-Supported SiO_2 by Ion Exchange

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

テトラアンミン白金 (II) ジクロライドと, ヒドロキソペンタアンミン白金 (IV) トリクロライド (以降, Pt (II) アンミン及びPt (IV) アンミンと称する) によるシリカゲルへの白金のイオン交換担持を行い, 吸着挙動とPt比表面積の比較をした.シリカゲルへのイオン交換吸着は, アンモニアでpHを変化させて行った.Pt (II) アンミンの吸着量は, pHの上昇に伴い増加したが, Pt (IV) アンミンでは, pHに対して極大値を持つ吸着量の依存性を示した.担持Ptイオンの金属化処理において, 直接水素還元で得られるPt比表面積は, 両錯体ともに大気焼成前処理を施すよりも大きい値を示した.Pt (II) アンミンにより調製した触媒のPt比表面積は, 担持pHに影響されず一定の大きさであったが, Pt (IV) アンミンによるそれは, pH>7.2でpHの上昇に伴い低下した.Pt (IV) アンミンによるpH<7.2における担持では, Pt (II) アンミンよりも高比表面積の白金が得られることが判った.

Platinum was supported on silica gel from tetraammineplatinum (II) dichloride and hydroxopentaammineplatinum (IV) trichloride, hereafter referred to simply as Pt (II) ammine and Pt (IV) ammine, and their adsorption behavior and the platinum surface area were compared. Various pHs adjusted by ammonia were applied for ion exchange adsorption of the platinum complex ions onto silica gel. The maximum value of Pt (IV) ammine adsorption appeared as a relation of pH though the adsorption of Pt (II) ammine was increased with increasing pH. The direct hydrogen reduction of the adsorbed complex ions into Pt metal gave a higher platinum surface area as compared with calcination pretreatment in air. The platinum surface area from Pt (IV) ammine was decreased with increasing pH over 7.2 though the surface area from Pt (II) ammine was independent of pH. Pt (IV) ammine adsorption in the range of pH<7.2 gave a higher platinum surface area than Pt (II) ammine.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1294-1297, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078143
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ