牛角利用によるべっ甲代替材料の開発 Development of Materials of "Bekko Work" Using Horn

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

べつ甲細工は日本の伝統工芸のひとつであり, べっ甲の原料はタイマイである.しかし, タイマイの輸入禁止により, べっ甲業界は存亡の危機にたたされている.そこで, 従来のペっ甲細工技術を活かせるべっ甲の代替材料として牛角に着目し, 牛角を利用した新材料の開発を検討した.本研究で得られた顕著な成果は次のとおりである.a) 牛角を過酸化水素 (H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>) で化学的に処理し, べっ甲と同様なあめ色に改質する技術を確立した.さらに, b) 牛角粉末とべっ甲粉末を適切な割合で混合し, 110-120℃の温度範囲で成形することによって, べっ甲に類似した新材料を開発した.

The technical art "Bekko" is one of the traditional technologies in Japan, and the materials of "Bekko" are shells of hawksbills. However, the industry of "Bekko Work" has been facing a crisis recently, because the import of turtleshell is restricted. We have therefore tried to develop new materials as substitutes for the turtleshell by utilization of horn. The noteworthy aspects in this study are as follows : a) It has been clearly established that the horn could be reformed with amber color similar to that of turtleshell by chemical treatment using hydrogen peroxide (H<SUB>2</SUB>O<SUB>2</SUB>). b) It is also of interest that we produced new materials like "Bekko" by mixing horn powder and turtleshell powder at the appropriate ratio and molding them in the temperature range of 110-120°C.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1313-1317, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669850
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078146
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ