均一系カルシウム触媒によるホルムアルデヒド重合反応の速度論的研究 Kinetic Analysis of the Polymerization of Formaldehyde using Calcium Catalyst in the Homogeneous Alkaline Solution

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

流通系撹拌槽によるホルムアルデヒドからの糖の直接合成反応 (ホルモース反応) の速度論的研究を行い, その非定常反応の解析を行った.ホルムアルデヒド, 蟻酸カルシウム溶液と水酸化ナトリウム溶液とを混合させる方法により均一系で反応を行った.実験結果により, この反応は開始反応を含む系と主反応系からなることが示された.この主反応系は, 単一の自己触媒反応速度式ではその挙動を表すことが出来ず, 2つの型の自己触媒反応により成り立っていることが明らかとなった.触媒特性の解析により, 開始反応の速度定数はCa (OH) <SUP>+</SUP>イオンの凝集体濃度に関係し, また2つの自己触媒反応のうち一方の自己触媒反応の速度定数は, Ca (OH) <SUP>+</SUP>イオン濃度に比例関係を持ち, もう一方は, 水酸イオン濃度に依存することが明らかとなった.その反応過程について論じた.

The transient behavior of the polymerization of formaldehyde under alkaline conditions was studied in a continuous stirred tank reactor. The reaction was carried out by mixing a solution of formaldehyde and calcium formate with a solution of sodium hydroxide, so as to keep the system homogeneous during the reaction.<BR>The experimental results showed that the system included an initiation reaction and a main reaction system. However the main reaction system can not be expressed in a single autocatalytic rate equation but it consists of two types of autocatalytic reactions.<BR>The effect of catalysts was analyzed, and it was found the rate constant of the initiation was related to the concentration of agglomerated Ca (OH) <SUP>+</SUP> ions, the rate constant of one of the autocatalytic reaction was proportional to the concentration of Ca (OH) <SUP>+</SUP> ion, and that of the other was dependent on the hydroxide ion concentration. The process of the reaction was discussed.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1359-1365, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669890
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078153
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ