直交選点法における選点定数の計算のための再帰的方法 A Recursive Method for Calculation of Collocation Constants in Orthogonal Collocation Method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 長谷川 孝博 HASEGAWA Takahiro
    • 九州工業大学情報工学部 生物化学システム工学科 Department of Biochemical Engineering and Science, Kyushu Institute of Technology
    • 白石 文秀 SHIRAISHI Fumihide
    • 九州工業大学情報工学部 生物化学システム工学科 Department of Biochemical Engineering and Science, Kyushu Institute of Technology

抄録

直交選点法における選点定数を効率よく計算するための方法について検討した.任意の階の選点定数を同一のサブルーチンで計算できるようにするため, それらの再帰性を利用した計算アルゴリズムを提出した.これにより得られた1階, 2階の選点定数の計算値は, 前報の方法による値と同様に高精度を持つことを確認した.また, 三角関数の微分値に対する近似の精度についての検討結果より, 本アルゴリズムが高階の選点定数の計算においてもうまく動作することを確認した.1組の選点定数を計算するのに必要な時間は従来法の時間とほぼ同じであった.

An efficient method for calculation of collocation constants in the orthogonal collocation method was discussed. To make it possible to calculate the collocation constants of arbitrary order using the same subroutine, an algorithm utilizing their recursive properties was proposed. The first and second-order collocation constants calculated based on the algorithm were confirmed to have the same high accuracies as those by the method previously reported. From the result of investigation on accuracies of the approximate values to high-order derivatives of a trigonometric function, the proposed algorithm was shown to also be useful in the calculation of higher-order collocation constants. The execution time required to calculate a set of collocation constants was almost the same as that of the previous method.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1373-1378, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669913
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078155
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ