懸濁重合による複合体粒子調製におけるマグネタイトの添加法の影響 Effect of Method for Adding Magnetite in Preparation of Composite Particles by Suspension Polymerization

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

スチレンの懸濁重合系にマグネタイト粉末を添加することによりポリマーとマグネタイトとの複合体粒子の調製を試みた.マグネタイトの一部はシランカップリング剤であらかじめ表面処理し, 液液系に対する親和性の度合いを種々変化させた.<BR>実験では, 表面処理したマグネタイトを懸濁重合開始前に添加して初期滴径を調整してから重合を開始した.<BR>その後, 未処理のマグネタイトを添加する時間を段階的に変えた。<BR>親油性の強いマグネタイトを添加し, かつ, 未処理のマグネタイトの添加が遅い場合には, ポリマ-滴間の合-が活発に起こり, 結果として内部分散型複合体粒子が生成された.一方, 懸濁重合開始前に添加するマグネタイトの親油性の度合いによらず, 未処理のマグネタイトを重合初期領域に添加すると合一が抑制され, 結果として被覆型複合体粒子が生成された.

Composite particles composed of polystyrene and magnetite were prepared by suspension polymerization. A part of magnetite powder was treated by silane coupling agent in order to adjust the affinity for the liquid-liquid system. The treated magnetite was added into the continuous water phase prior to suspension polymerization. On the other hand, untreated magnetite was added after the start of polymerization. Coalescence between the polymer droplets vigorously occured by the addition of the stronger hydrophobic magnetite and the later addition of untreated magnetite.<BR>This addition method prepared the composite particles in which magnetite was included. An early addition of untreated magnetite prevented coalescence and prepared the composite particles uniformly coated by magnetite, irrespective of the degree of hydrophobicity.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1384-1390, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669926
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078157
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ