循環流動層によるごみ固形化燃料(RDF)燃焼特性 Refuse Derived Fuel(RDF)Combustion Characteristics in Circulating Fluidized Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

循環流動層燃焼場でのごみ固形化燃料 (RDF) の燃焼特性を把握するため, 内径0.108m, 高さ6mの燃焼部 (ライザー) を有する循環流動層燃焼試験装置を用いて, 操作条件を変化させたときのRDFの燃焼性, NO<SUB>x</SUB>排出特性および脱塩化水素特性等について検討した.RDF燃焼時に排出される塩化水素ガス濃度は, RDF中に添加されたカルシウム分による脱塩化水素反応によって, どの操作条件下においてもきわめて低い値であることがわかった.また, 灰中の未燃炭素分も低いレベルであり, RDFの燃焼性が良好であることがわかった.NOおよびN<SUB>2</SUB>Oに関しては, 排ガス中N<SUB>2</SUB>O濃度はどの条件下においてもかなり低い値であるものの, NO濃度が単段燃焼時において比較的高くなっており, 50%の二次空気比率において減少することがわかった.なお, 排ガス中SO<SUB>2</SUB>に関しては, 燃料中S分が低く, また添加カルシウム分が高いため, 検出されなかった.

Combustion characteristics of Refuse Derived Fuel (RDF) were investigated by using an experimental circulating fluidized bed combustor with a riser of 0.108 m inner diameter and 6 m height at various temperature and air bias ratios.<BR>The following results were obtained : (1) HCl concentration in the flue gas was kept at a very low level under all operating conditions by De-HCl of calcium contained in RDF and (2) unburned carbon in the fly ash was also at a very low level because of its good combustibility. Concerning the NO and N<SUB>2</SUB>O, it was found that N<SUB>2</SUB>O emission was low under all operating conditions, but that NO emission was slightly high under single stage combustion and reduced at 50% bias ratio. SO<SUB>2</SUB> emission was not detected because of the low sulfur content and high calcium content in the RDF.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1408-1414, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669974
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078160
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ