粒子濃度測定における非等速吸引誤差の評価法 Evaluation Method of Particle Concentration under Anisokinetic Sampling Condition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気流中の粒子濃度を測定する場合, 気流の速度と異なる速度で吸引すると得られた粒子濃度に誤差が生じ, これは非等速吸引誤差と呼ばれている.そこで, 物質収支式を基に非等速吸引に影響する無次元数による次元解析の手法を用いて, 多量の実験データと供に解析することにより非等速吸引誤差の評価を試みた.この評価では慣性に関わる因子の解析が重要な意味をもち, この因子の解析に当り主流速, 吸引流速及び粒径が0または∞になる場合を仮定することにより, 慣性パラメータやレイノルズ数等の無次元数をもちいて慣性パラメータが0.01~30の広い範囲でしかも相対誤差5%以内で適用できる評価式を導いた.

When particles are sampled from a gas stream at under an anisokinetic sampling condition, measured particle concentration becomes different from the concentration at the main gas stream depending upon the sampling condition. In this study, an evaluation method of particle concentration under an anisokinetic condition has been investigated, based on dimensional analysis, using a large number of the experimental results. A dimensionless expression for α has been derived, which consists of inertia parameter and Reynolds number and it automatically satisfies the error under the extreme conditions of V<SUB>0</SUB>= V<SUB>s</SUB>, V<SUB>0</SUB>→ 0, V<SUB>0</SUB>→∞, V<SUB>s</SUB>→ 0, V<SUB>s</SUB>→∞, d<SUB>p</SUB>→ 0, d<SUB>p</SUB>→∞, V<SUB>0</SUB><V<SUB>s</SUB> and V<SUB>0</SUB>> V<SUB>s</SUB> at V<SUB>0</SUB> main gas velocity, V<SUB>s</SUB> : suction one and d<SUB>p</SUB> : particle diameter. Through a comparison with experimental results, it agrees with them at an accuracy of within 5 % and it can be used with inertia parameter from 0.01 to 30.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1423-1428, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002669987
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078162
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ