気泡群の挙動に基づく流動層内粒子フローパターンの推算モデル Estimative Model of Particle Flow Pattern in Fluidized Bed Based on Bubble Behavior

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

気泡と粒子相間の相互作用を考慮する新しい気泡分布モデルを提出し, 気泡の分布状態および粒子相の層内循環流の推定を行った。気泡相については, 前報の結果を用い, 粒子相側に二流体モデルにおける粒子側連続の式, 運動方程式を若干修正した式を用いた.本モデルを用いて円筒型の流動層における気泡の塔半径方向分布と層内粒子循環速度分布の計算を行い, 既往の実測値との比較検討を行なった.その結果, 粒子循環パターンの計算結果は, 実測パターンと良将に一致した.

To predict the behavior of bubbles and particles in a bubbling fluidized-bed, a new simulation model is developed. To estimate the spatial distribution of bubbles, the previous model is modified and Navier-Stokes equations are introduced to consider the interaction between bubbles and particles. It is confirmed that not only distribution of bubbles, but also the time averaged flow pattern of the particles in the bed can be predicted well.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1442-1449, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  22件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002670037
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078165
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ