陽極に充填層犠牲電極を用いるO/Wエマルションの連続電解浮上分離特性 Performance of Continuous Electroflotation of O/W Emulsion Using Packed Bed Type Sacrificial Electrode as an Anode

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アルミニウム (Al) ペレットを陽極犠牲電極とする浮上槽を用い, O/Wエマルションの連続電解分離性能について調べた.その結果, 浮上過程を一次速度式で, また槽内の混合状態を二槽モデルで近似することにより, 油分除去率は速度定数および槽内平均滞留時間の関数で表せ, 実験データをよく相関できた.速度定数はペレット種類および操作条件によらず単位時間当たりのAl溶出速度に比例した.ペレットの単位表面積, 単位時間当たりのAl溶出速度と電流密度との間には直線関係が成立した.電流密度は電流方向に垂直な充愼層断面積基準で表した.本法は種々のイオン性の界面活性剤が混入したエマルションの分離に対しても有効であった.

The performance of continuous electroflotation of an O/W emulsion was examined in apparatus equipped with a flotation cell which was comprised of sacrificial electrodes using aluminum (Al) pellets as an anode. As a result, a first-order kinetic rate model was applied to represent the flotation process. The flow pattern in the cell was approximated by two tanks-in-series model. The equation of the percentage oil removal was a function of the rate constant and the residence time in the cell, and it correlated the data very well. The rate constant was proportional to the dissolution rate of Al per unit time, regardless of pellet type and operating conditions. A linear relationship was obtained between the dissolution rate per unit time and unit surface area of pellets and the electrical current density per unit cross sectional area of packed bed orthogonal to the direction of the electric current. The method was effective for the treatment of emulsion containing various surfactants.

収録刊行物

  • 化学工学論文集  

    化学工学論文集 22(6), 1450-1456, 1996-11-20 

    The Society of Chemical Engineers, Japan

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002670060
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00037234
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0386216X
  • NDL 記事登録ID
    4078166
  • NDL 雑誌分類
    ZP5(科学技術--化学・化学工業--化学工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-725
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ