6相交流アーク放電の廃棄物処理への応用 Techniques for Processing Industrial Waste Using Arc Plasma Generated by the Six-Phase Current

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

この論文は6相交流アーク放電によって生じる高熱を, ゴミの焼却灰あるいは産業廃棄物等を溶融, 固形化するのに利用する方法について述べている。6相交流の放電時の電圧, 電流, 消費電力の関係, さらに高速VTRを用いて放電状態を観測した結果よりその特徴を明らかにしている。6相交流の理論上の放電径路の数は3相交流の場合に比べて5倍, 放電空間の広さは6倍になり, 3相の場合に比べて, 高温が得られる空間が広い。この方式では放電空間にプラズマが連続的に発生しているので, 放電状態が常に持続されており, 安定した連続放電が得られる。アークプラズマが放電空間で高密度に発生している特長的な現象を, 廃棄物処理に応用する場合について検討した。

In this paper, techniques for processing industrial waste by arc plasma which generates among six carbon electrodes using a six-phase current power supply and its applications are described. The power supply of this system can be realized by the combination of three single-phase transformers with the center-taped secondary coil. The characteristics of arc plasma generated around the discharge electrodes and a few examples applying an arc plasma to industries are presented here. The major advantages of this system are as follows:<BR>(1) As arc plasma always exists in the discharged space, the stable discharge phenomena can be maintained in low voltage, <BR>(2) Arc plasma at high temperature can be obtained in a wide space.<BR>By the use of this system, incinerated urban garbage can be slagged, and a lot of spherical ceramics of about 200 microns in diameter are obtained from ash generated by the operation of power plants.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(1), 9-15, 1997-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002675976
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4139648
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ