ホタテガイ廃棄組織からの微生物的カドミウム除去 Microbial Removal of Cadmium from Waste Tissues of Scallop

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ホタテガイ養殖業およびその加工業において廃棄される非可食組織は多量のカドミウムを含有するため飼料への転換が困難である状況を踏まえ, これら組織からの微生物的カドミウム除去について検討した。廃棄組織抽出液を栄養源として土壌微生物群を培養し, 次いでこれに硫酸塩還元菌を接種して培養したところ, 抽出液中に溶存するカドミウムは硫化物として沈殿した。組織中ではタンパク質などの因子と結合して存在するカドミウムが土壌微生物群の分泌する酵素によって遊離状態となり, これと硫酸塩還元菌が生成する硫化水素とによって硫化カドミウム沈殿が形成され, 結果的に反応系からこの重金属が除去される機構が推定された。以上の処理によって得られた標品の粗タンパク質, 粗脂肪および粗繊維の成分比は従来の市販飼料とほぼ同等の値であった。

Microbial removal of cadmium from a waste tissue (hepatopancreas) of a scallop was examined. During a sequential and mixed cultivation of soil microbes and a strain of sulfate-reducing bacteria in an extract of the tissue, cadmium was removed completely from the extract as the metal-sulfide precipitated. Whereas a significant amount of cadmium remained in the extract after the cultivation of soil microbes or the sulfate-reducing bacterium alone.<BR>These results suggested that protein-bound cadmium in the tissue extract would be transformed to a free-state by enzymes like proteases secreted by soil microbes, and then, metal sulfide could be formed with the free-cadmium and hydrogen sulfide produced by the sulfate-reducing bacterium. Availability of the cadmium-free preparation as feed was also discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(2), 65-70, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676055
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4172267
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ