クリソタイル-セメント-廃ガラス系ガラスの諸性質 Properties of Glass prepared from Chrysotile-Cement-Waste Glass

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

アスベスト廃棄物からガラスウールを作製するための基礎的データを得ることを目的に, クリソタイルにボルトランドセメントと廃ガラスを添加し, 溶融物の粘性およびガラス形成能を検討した。クリソタイルーボルトランドセメントへの廃ガラスの添加により液相温度, 結晶化温度および過冷却度は減少し, その添加割合の増加とともに, 液相温度と結晶化温度における粘度は増加した。これらの結果から, クリソタイルーボルトランドセメントへの廃ガラスの添加は, 溶融物の結晶化を抑制し, ガラスウールの紡糸を容易にすることがわかった。

Viscosity and glass forming tendency have been studied in the glass and melt prepared from chrysotile, portland cement and waste glass, in order to use waste asbestos as a raw material of glass wool. The addition of the waste glass to the chrysotile and portland cement decreased liquidus temperature, crystallization temperature and degree of supercooling. Viscosity at the liquidus temperature and the forming temperature increased with increasing proportion of the waste glass. From these effects, the addition of the waste glass to the chrysotile and portland cement suppresses the crystallization from the melt and reaches the value suitable for drawing glass wool.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(2), 89-96, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  19件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676096
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4172270
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ