都市ごみ焼却飛灰の溶出毒性におよぼす溶出条件の影響 Effect of Extraction Condition on the Toxicity Evaluation of Municipal Waste Incinerator Fly Ash by Daphnia Acute Toxicity Test

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却飛灰の溶出毒性をミジンコ急性毒性試験によって評価するための溶出操作条件 (固液比とpH) の影響について検討した。<BR>固液比1w/v%と10w/v%で作成した飛灰溶出液を試料として化学的分析ならびに急性毒性試験を行った結果, 固液比IW/V%の方が単位飛灰あたりの溶出毒性が大きくなり, より安全側で評価できることがわかった。また, 固液比1w/v%でpH=4, 7, 12の条件下で作成した飛灰溶出液の毒性を調べた結果, pH=4のときの毒性が最も強かった。しかし, 鉛に関してはpH=12での溶出量が最も大きかったことから, 低pHだけでなく高pH条件下でも溶出操作を行うことが望ましいことがわかった。<BR>また, 毒性のpH依存性についての検討結果からは, 各pH条件で作成した溶出液の主要毒性成分はいずれも重金属であることが推測できた。特に, pH=4で溶出させたときには銅, pH=12で溶出させたときには鉛が主要毒性成分になると考えられた。

The effect of extraction conditions (S/L and pH) on the toxicity evaluation of a municipal waste incinerator's (MWI) fly ash was examined by quantitative analysis and the Daphnia acute toxicity test.<BR>Regarding S/L, the toxicity of MWI fly ash per unit amount of fly ash, which was determined with the leachate prepared with S/L=1 w/v%, was larger than that which was determined with the leachate prepared with 10 w/v%.<BR>Regarding pH, the leachate prepared with pH=4 showed higher toxicity than that prepared with pH=7 or 12. The leaching condition with pH=12, however, was considered preferable in order to evaluate the release of lead, because the release of lead under this pH condition was higher than that of other pH conditions.<BR>Considering the relationship of pH dependency to the toxicity of leachate, the major toxic constituent in the leachate prepared with pH=4 was copper, and that prepared with pH=12 was lead.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(2), 107-114, 1997-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676136
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4172272
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ