高アルカリ飛灰の炭酸化と処理飛灰の溶出特性 Studies on Carbonation Treatment for Highly Alkaline Incinerator Fly Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

可燃性廃棄物はできるだけ焼却後埋立処分する方法が一般的となっている現在, 埋立処分場においては, 焼却残渣中に濃縮された無機物に起因する問題が発生している。その一つにカルシウムスケールの問題があり, 処分場の集水管や浸出水処理施設でのポンプ, 攪拌翼, 回転円板等にスケールとして付着し, 支障を来す事例が起きている。<BR>われわれは, カルシウムスケールの対策として, 飛灰中のカルシウムを炭酸化し難溶性の炭酸カルシウムを生成させて処理する方法にっいて研究した。<BR>排ガスの塩化水素対策に水酸化カルシウムを噴霧している施設の飛灰を用い, 炭酸化の最適条件を求め, X線回折分析によって飛灰中の水酸化カルシウムが炭酸カルシウムに変化していることを確認した。また, カルシウム化合物の溶出性の評価は, 通常の溶出試験 (固液比1/10) では不十分であり, 固液比1/200での溶出試験が必要であることを示した。次に, 未処理飛灰および炭酸処理飛灰を用いたカラム溶出実験を行ったところ, 累加溶出率は各々88%, 28%であり, この差が炭酸カルシウムに変化したカルシウムの量であることがわかった。また実験中に未処理飛灰ではカラム先端等にスケールが生成されたが, 炭酸処理飛灰ではスケールが生成されないことを確認でき, 高アルカリ飛灰を炭酸化する方法はカルシウムスケールの対策として有効と考えられた。

The fact that more than 70% of municipal solid waste is being incinerated is creating various problems at landfill sites. One such problem is that of incrustation caused by a calcium coating on water treatment equipment, pumps, mixer blades, rotating plates and the collector sewer. Incinerator ash contains inorganic compounds including calcium and heavy metals, especially air pollution control residues from slaked lime containing many free alkaline calcium compounds, a major cause of calcium scale.<BR>In order to prevent the build-up of calcium scale, carbonation treatment of highly alkaline municipal incinerator fly ash was studied. Moisture content, temperature and reaction time were shown to have an effect on carbonation. Carbonation was checked by the X-ray diffraction method and its effectiveness for insolubilization of calcium was determined by leaching tests (solid liquid ratio= 1 / 10 or 1 / 200) and column elution tests. Test results indicated that carbonated incinerator fly ash did not produce calcium scale and carbonation treatment was effective for the insolubilization of alkaline calcium compounds.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(4), 129-137, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676170
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4237328
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ