Bacillus subtilisを接種した芝草病害防除コンポストの作成 Production of Functional Compost Aimed at Repressing the Lawn Pathogen through the Lnoculation of Bacillus subtilis into Mowed Lawn

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

芝草病害を防除するコンポストを作成するために, 芝草病原菌に対する抑制細菌をコンポスト原料に接種する方法を試みた。抑制細菌のストレプトマイシン耐性株 (<I>Bacillus subtilis</I> N4-1) を用いて, 接種した抑制細菌以外に種々の微生物が存在するコンポスト中で抑制細菌のダイナミクスを測定した。刈り芝を原料としたコンポスト化において接種したN4-1株を増殖させるには, 原料中にもとから含まれる細菌の濃度を低減する必要があり, 4.3×10<SUP>5</SUP>CFU/g-ds以下に低減したとき, 生成したコンポストには芝草病原菌を抑制する効果が見られた。また, N4-1株を接種して作成したコンポスト製品の一部を, 種菌として繰り返し原料に接種しコンポスト化したところ, 繰り返し回数の増加にともないコンポスト中のN4-1株濃度と, 全細菌中に占めるN4-1株の割合は急速に低下して繰り返し5回目で病原菌に対する抑制効果を失った。<BR>また, N4-1株と芝草病原菌に対して抑制効果を持たない細菌 (<I>Escherichia coli</I> E2) の菌体混合試料液を用いて病原菌の抑制効果が発現される条件について検討した結果, 全細菌中に占めるN4-1株の割合が抑制効果の発現や, 効果の大きさに影響をおよぼすことが明らかとなった。

Inoculation of suppressive bacteria into compost raw material was carried out in order to make a functional compost aimed at repressing lawn disease. A spontaneous streptomycin-resistant mutant of suppressive bacterium, <I>B. subtilis</I> N 4- 1 was used to investigate the dynamic change of the inoculated strain during composting. It was concluded that it is important to keep the concentration of the bacteria indigenous in the raw material as low as possible in order to enable the growth of N 4-1. The compost product made from the raw material containing other bacteria less than 4.3 × 10<SUP>5</SUP> CFU/g-ds showed a suppressive effect on the pathogen. The feasibility of repeatedly using the compost product as a seed for the next composting was also examined. The concentration of N 4-1, and the ratio of N 4-1 to total bacteria (estimated by summing up the N 4-1 and the other bacteria) in the compost product decreased rapidly as the number of repetitions was increased. The compost product lost the suppressive effect after the 5 th repetition.<BR>It was also ascertained that the ratio of N 4-1 to total bacteria had a strong effect on existence and degree of suppressiveness. The suppressive test experiment using cell suspension mixtures of pure cultured N 4-1 and insuppressible bacterium, <I>Escherichia coli</I> E 2 was performed to ascertain this.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(4), 166-174, 1997-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676249
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4237332
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ