都市ごみ破砕選別施設における破砕選別残渣の特性に関する研究 Characteristics of Solid Waste Processing Residues from Municipal Resource Recovery Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ破砕選別施設において有価物回収後に発生する不燃残渣や可燃残渣などを, 5つの施設から採取し, それらの物理組成や強熱減量などを測定した。埋立処分される不燃残渣の強熱減量は, 粗大ごみの破砕選別の不燃残渣で約50%, 不燃ごみの不燃残渣で約20%であることがわかった。このように, 不燃残渣の性状は主として搬入ごみ種の影響を強く受けることがわかった。さらに, 手選別で分類して物理組成を求めることが難しい5.6mm以下の小粒径物について, 木, プラスチック, 紙, 金属, その他不燃物の5種類に分類する方法を提案し, 不燃残渣全体の物理組成を把握した。これによって, 破砕選別施設における組成別の物質収支を推定することができた。

Three types of processed waste municipal resource recovery facilities (for incineration, for landfill, and for recycling) were measured for physical composition, ignition loss, etc. The results show that the difference in the characteristics in the residues depend mainly on the input wastes. For example, ignition loss for landfill residue from residential bulky wastes was about 50%, but that of residential incombustible waste was about 20%.<BR>To date there is no research which measures the physical composition of fine particles under 5.6 mm in landfill residue. A new method is proposed for classifying fine particles into five kinds of physical composition : wood, paper, plastics, metals, and other incombustibles. Using this method, it is possible to obtain the mass of the five components in the municipal facilities for size reduction and resources recovery.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(5), 190-199, 1997-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676282
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4284844
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ