し尿処理汚泥の堆肥化過程における物質収支と熱収支 The Material Balance and Heat Balance During Composting Process of Sludge Generated by Night-soil Treatment

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

し尿処理汚泥は全国で毎日830ton (乾物値) が排出されており, その処理, 処分は年々深刻化し, 大きな社会問題となっている。汚泥は水質規制の強化や処理性能の向上に伴って多く発生する特性があり, 水分が非常に高いため脱水, 乾燥, 焼却等により減量化する際に要するエネルギー問題が大きな障害となっている。<BR>近年, 汚泥を安定化させる手段の1つとして, 堆肥化技術の開発がさかんに行われているが, その性状変化や物質収支など未検討の課題も多い。<BR>し尿処理汚泥について室内堆肥化装置を用い, 堆肥化過程における物質収支および熱収支を検討したところ, つぎの成果が得られた。<BR>1.規模の小さな堆肥化装置では, 損失不明分が大きく, 固形物や有機物の物質収支を明らかにすることは困難であった。<BR>2.堆肥化装置に投入した炭素および窒素の15%以上が排ガス中に回収されたとき, 製品の品温, 外観, 触感, 臭気から判断して堆肥化状態が良好であった。<BR>3.汚泥の堆肥化にともなう炭酸ガスの発生量は投入有機物1kgあたり炭素として約170~230g, 同じくアンモニアは窒素として約16gと算出された。<BR>4.熱収支から堆肥化状態を把握する場合には, 投入汚泥の高位発熱量の15%あるいは投入有機物1kgあたり880kcal以上の堆肥化熱量が得られれば, 堆肥化状態は良好であった。

The treatment and disposal of the waste excess sludge generated by night-soil treatment has become a serious social problem. The material balance and heat balance during the composting process were examined using a laboratory-scale composting reactor.<BR>The solid matter balance and organic matter balance were difficult to determine using a small-scaled apparatus because of the large loss. When more than 15% of the carbon and nitrogen was collected in the exhaust gas, the composting state was good judging from composting temperature, appearance, touch, and odor of product. The composting state was good after evaporation of 50-70% of sludge moisture.<BR>The generation of carbon dioxide during composting of sludge was about 170-230g C/kg organic matter, and that of ammonia was about 16g N/kg organic matter. The composting state was good when the composting heat was 15% or more of the calorific heat value in the raw material fed or exceeded 880kcal/kg organic matter fed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 8(5), 209-216, 1997-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676304
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4284846
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ