ロータリーキルン式産業廃棄物焼却施設によるフロン類の分解処理技術 Decomposition Techniques of CFCs/HCFC by Rotary Kiln in Industrial Waste Incineration Facilities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では, 3ヶ所のロータリーキルン式産業廃棄物焼却施設で, CFC-11, 12, 113, HCFC-22の4種類の回収フロンを用いて16回の分解処理実験を行い, フロン類の導入技術を示し, 施設の特性を明確にするとともに, 安全・確実にフロン類を分解処理するための適切な施設の条件と運転管理の条件を明らかにした。<BR>すなわち, まず各施設の廃棄物の特性と焼却条件の特徴を定量的に示す方法を提案し, 3ヶ所の施設の特徴を明らかにした。つぎに, 焼却ガス温度850℃程度以上, ガス滞留時間が2秒以上, 水素とハロゲンとの元素比が約30以上, 排ガス中酸素濃度6%以上とすれば, いずれのフロンも99.99%以上分解可能であり, 他の有害な揮発性有機塩素化合物の生成もないことを実証した。また, ダイオキシン類の生成抑制には, 排ガスの冷却速度を大きくする必要があることを示した。<BR>また, 分解に伴って生成する塩化水素やふっ化水素に対する装置の耐久性や排ガス処理設備の能力等を考慮した適切なフロン類の導入量を決定する方法を示し, さらに, 排ガス処理に必要なアルカリ量とそめコストを試算した。

Sixteen runs of decomposition experiments of recovered chlorofluorocarbons (CFC-11, 12, 113) and hydrochlorofluorocarbon (HCFC-22) were carried out in 3 industrial waste incineration facilities with a rotary kiln, and the necessary conditions of the facilities and their operation for safe and reliable decomposition of CFCs/HCFC were clarified.<BR>At first, a quantitative characterization method for wastes and their incineration conditions was proposed, and the characteristics of the 3 facilities were clarified.<BR>Under conditions of an incineration gas temperature over 850°C, a gas residence time over 2 seconds, an O<SUB>2</SUB> concentration over 6 vol%, and a molar ratio of hydrogen to halogen over 30, over 99.99% of the CFCs/HCFC decomposed and no volatile organochlorine compounds would be present. Moreover, PCDDs/PCDFs formation could be controlled by quenching of flue gas.<BR>A method to determine the optimum feed rate of CFCs/HCFC for each the facilities was proposed by concerning the produced concentrations of HCl and HF in the flue gas. The alkaline consumption and the costs for HCl and HF treatment were also estimated.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌

    廃棄物学会論文誌 8(5), 225-234, 1997-07-31

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002676338
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4284848
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ