NaH^<35>SO_3のイネおよびオオムギ幼植物中への取込みと代謝 Uptake and Metabolism of NaH^<35>SO_3 in Rice and Barley Seedlings

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 汐見 信行 SHIOMI Nobuyuki
    • 大阪府立大学先端科学研究所 Research Institute for Advanced Science and Technology, Osaka Prefecture University

抄録

亜硫酸ガス傷害に比較的強いといわれるイネと, 弱いといわれるオオムギ幼植物を供試して放射性亜硫酸水素ナトリウム (NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB>) を経根的に取り込ませ, 両者の反応性の違いを調べた。培養液中のNaHSO<SUB>3</SUB>濃度が5×10<SUP>-4</SUP>M以下では両植物とも生長は阻害されなかった。10<SUP>-3</SUP>M以上で強く阻害され, その程度はオオムギの方が大きかった。<BR>NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB> (0.37MBq/ml) のshootへの取込みを調べた結果, 両植物とも10<SUP>-4</SUP>Mでは対象と大きな違いはなかったが, 10<SUP>-3</SUP>Mでは低下した。全取込み量は, 栽培後半にイネがオオムギより約2倍高く, その大部分は無機態でプールされていた。取り込まれたNaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB>の他硫黄化合物への代謝を調べると, オオムギでは, アルコール溶・カチオニック画分, アルコール不溶画分中の有機化合物への代謝の割合が高く, 11日後の10<SUP>-3</SUP>Mで25.2%を占めていた。そのときイネでは8.3%と低かった。両画分中の含硫アミノ酸への代謝を調べると, カチオニック画分では60数%と対象よりやや少なく, アルコール不溶画分では80%以上を占め, 対象よりやや多い傾向が両植物で認められた。

<I>Comparative laboratory experiments regarding the effects of</I> NaHSO<SUB>3</SUB> <I>on growth and the incorporation of</I> NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB> <I>into rice and barley seedlings were examined. Both rice and barley seedlings showed much lower growth above 10</I><SUP>-3</SUP>M (=mol/1) <I>concentration of</I> NaHSO<SUB>3</SUB> <I>in the medium, than the control. The reduced ratio to the control was higher in barley than in rice.</I><BR><I>Total incorporation of</I> NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB> <I>declined with an increase of</I> NaHSO<SUB>3</SUB> <I>during culture. Rice incorporated</I> NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB> <I>into the tissues much more than barley at late phase of culture and pooled it as an inorganic form without translocation to organic metabolites. However in barley, the fixation of</I> NaH<SUP>35</SUP>SO<SUB>3</SUB> <I>in the ethanol insoluble and cationic fraction increased remarkably during culture. In the two plant tissues at 10</I><SUP>-3</SUP> M, <I>the</I> <SUP>35</SUP>S <I>distribution into sulfur amino acids in the cationic fraction was lower than that of control. More than 80% of the radioactivity was occupied by sulfur amino acids in the protein hydrolysates similarly in rice and barley.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(1), 17-22, 1999-01-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684366
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    1951330
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ