放射性ガスのパルス注入によるガスモニタの校正法 A Calibration Technique by Pulse-like Injection of Radioactive Gases for Gas Monitors

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

放射性ガスモニタの汎用性のある校正手法として, パルス注入校正法を開発した。本校正は, 放射能既知の放射性ガスを短時間にガスモニタへ注入し, その応答特性を評価することにより実施される。その結果, ガスモニタへ流入するガスの放射能をモニタ出力から直接評価することが可能となる。本手法により, 原子力施設から短時間に放出される放射性ガスの放射能やガス濃度が急激に変化する状況における放射能を精度よく決定できる。本報告では, パルス注入校正法の妥当性を実験により実証する。

<I>A calibration technique of wide use for gas monitors by pulse-like injection of radioactive gases was studied. It is based on the time analysis of the monitor output which is measured by injecting a known amount of radioactive gas in a short time interval. As a result, it leads to the direct evaluation of the gaseous activities flowing into the gas monitor.</I><BR><I>This technique enables the estimation of accurate activities in the cases of the release of radioactive gases in a short duration from nuclear facilities and the sudden change of gas concentrations</I>.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(1), 23-31, 1999-01-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684381
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    1951336
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ