草津白根火山周辺に湧出する温泉水中の塩素同位体組成 Stable Chlorine Isotope Compositions in Waters from the Kusatsu-Shirane Volcanic System, Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 武蔵 正明 MUSASHI Masaaki
    • Department of Geochemistry, Faculty of Earth Sciences, Utrecht University Department of Geochemistry, Faculty of Earth Sciences, Utrecht University

抄録

塩素安定同位体組成 (δ<SUP>37</SUP>Cl, ‰vs.SMOC) を草津白根火山周辺の草津温泉地区 (3源泉) 万座温泉地区 (2源泉) および火口湖 (湯釜) から1984年に採取された6点の水試料について, 実験誤差0.12で測定した。その結果, これら試料の同位体比は-0.05から+0.20‰ (平均値+0.04‰) の範囲にあり, 海水の値にほぼ一致した。またδ<SUP>37</SUP>値は, 源泉湧出地点が約8km離れた2地区の間の地理的地質的違いや試料中の溶存化学成分比の明瞭な違いがあるにもかかわらず, 一定であることがわかった。

<I>Chlorine stable isotope compositions</I> (δ<SUP>37</SUP>Cl, <I>per-mil</I>: ‰, <I>vs. a standard sea water, SMOC) of six waters collected in 1984 from Kusatsu area (three springs), Manza area (two springs), and a crater lake Yugama, in the Kusatsu-Shirane volcanic system, Japan, are analysed with the overall precision of 0.12</I>‰ (2σ) .<I>The</I>δ<SUP>37</SUP>Cl<I>values range between -0.05</I>‰<I>and</I>+<I>0.20</I>‰ (<I>the mean</I>, +<I>0.04</I>‰), <I>and are nearly equal to that of the sea water. And the values are not significantly different between the Kusatsu and Manza areas, although their thermal features have a strong chemical and geological variations with a geographical separation of over 8</I> km <I>between the two areas</I>.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(2), 100-106, 1999-02-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684495
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4653240
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ