齲蝕歯中のFe, Zn, Coの放射化分析による定量 Determination of Iron, Cobalt and Zinc in Caries Teeth by Neutron Activation Analysis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

齲蝕歯中の微量金属元素のうちFe, Zn, Coを完全埋伏智歯を対照として放射化分析法により定量した。<BR>三つの元素の分布を調べるために歯を構成しているエナメル質, 象牙質, セメント質に分離するのに従来使われている沈澱法または紫外線吸収法ではなく, 灰化して分離した。また, 歯髄および軟化象牙質についても検討し, 次の結果を得た。<BR>(1) Fe, Zn, Coの濃度は, エナメル質, 象牙質, セメント質とも齲蝕歯の方が対照より高い傾向を示した。<BR>(2) Znは歯全体に分布しているのに対してFeとCoはエナメル質に多く存在していた。<BR>(3) 軟化象牙質の濃度はZn>Fe>Coの順であったが, 歯髄中ではFe>Zn>Coであった。

<I>The concentration of</I> Fe, Zn <I>and</I> Co <I>in caries teeth was determined by neutron activation analysis to compare with those of complete impacted wisdom teeth. In order to investigate the distribution of three elements, molar teeth were separated not by conventional method like precipitation or UV absorption method but by ashing method. Furthermore, the same elements for dental pulp and softened dentin were determined. The following results were obtained.</I><BR><I>1. The concentration of three elements</I> (Fe, Zn <I>and</I> Co) <I>in enamel, dentin and cementum of caries teeth was higher than that in control teeth.</I><BR><I>2. Enamel contained more</I> Fe <I>and</I> Co <I>than those in dentin or cementum, whereas</I> Zn <I>was found to be evenly distributed in three parts of the teeth.</I><BR><I>3. The concentration of the elements was</I> Zn>Fe>Co <I>in softened dentin, </I> Fe>Zn>Co <I>in dental pulp.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(3), 172-176, 1999-03-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684577
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4682094
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ