多核種同時収集機能によるSPECTのTriple Energy Window散乱補正 -2核種同時収集心筋SPECTへの応用- Modified Triple Energy Window Method for Scatter Correction -Application to Dual Energy Acquisition in Myocardial SPECT-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

Triple Energy Window (TEW) 処理機能を持たない3検出器型SPECT装置において散乱補正を行う方法 (Modified-TEW法, 以下M-TEW法) を考案し, その有効性をファントム実験により検討した。また, 本法を<SUP>99m</SUP>Tcと<SUP>201</SUP>T1の2核種同時収集法に応用する可能性を基礎的に検討し, 負荷心筋シンチに使用した。<BR><SUP>201</SUP>Tl, <SUP>99m</SUP>Tcにおけるサブウインドウのデータの固有均一性を測定した結果, エネルギーウインドウ幅は5keV近傍が最適であった。2核種同時収集法では<SUP>201</SUP>Tlから<SUP>99m</SUP>Tcウインドウに2.8-19.7%, <SUP>99m</SUP>Tcから<SUP>201</SUP>Tlウインドウに4.7-31.8%のクロストークがみられたが, M-TEW法を用いて散乱補正を行うことで<SUP>99m</SUP>Tcウインドウでは20.9-32.4%が, <SUP>201</SUP>Tlウインドウでは43.9-62.4%が散乱成分として除去された。<BR>臨床例で<SUP>201</SUP>Tlと<SUP>99m</SUP>Tcテトロフォスミンによる2核種同時収集法による心筋シンチを施行する際, M-TEW法を用いて散乱補正を行うことにより, 散乱補正を行わない場合と比較して診断能が向上した。<BR>M-TEW法は, TEW処理機能のない3検出器型SPECT装置においてもTEW法が応用可能であり, 2核種同時収集心筋SPECTを行う際にクロストーク, 散乱線除去法として有用な方法と考えられた。

<I>To correct Compton scatter in three-head SPECT systems without any software for Triple Energy Window (TEW) correction, a modified-TEW (M-TEW) method was devised. The data of two subwindows located at both sides of the main window were acquired separately. In phantom studies using</I> <SUP>201</SUP>T1 <I>and</I> <SUP>99m</SUP>Tc, <I>the most adequate width of the subwindows was determined to be 5 keV by NEMA method.</I><BR><I>Applying the M-TEW method to dual-energy acquisition, both cross talks from</I> <SUP>201</SUP>T1 <I>to</I> <SUP>99</SUP>Tc <I>window (2.8-19.7%) and</I> <SUP>99m</SUP>Tc <I>to</I> <SUP>201</SUP>Tl <I>window (4.7- 31.8%) were deducted. The M-TEW method could estimate approximately (43.9- 62.4%) of scatter in</I> <SUP>201</SUP>Tl <I>main window and (20.9-32.4%) of scatter in</I> <SUP>99m</SUP>Tc <I>window respectively.</I><BR><I>In a clinical case, the M-TEW method could improve the contrast of myocardium in exercise and rest myocardial SPECT with</I> <SUP>201</SUP>Tl/<SUP>99m</SUP>Tc-<I>tetrofosmin dual energy acquisition.</I><BR><I>Scatter correction by the M-TEW method in a three-head SPECT system was possibly performed without special software for the TEW correction. The method also improved the quality of imaging in dual isotope myocardial scintigraphy.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(3), 177-187, 1999-03-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684594
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4682121
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ