放射線加工レベル大線量校正用^<60>Coγ線照射施設の特性評価 Characterization and Performance Study of High-dose ^<60>Co Gamma-ray Calibration Laboratory for Radiation Processing

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 橘 宏行 TACHIBANA Hiroyuki
    • 日本原子力研究所高崎研究所 Takasaki Radiation Chemistry Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 小嶋 拓治 KOJIMA Takuji
    • 日本原子力研究所高崎研究所 Takasaki Radiation Chemistry Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 金子 広久 KANEKO Hirohisa
    • 日本原子力研究所高崎研究所 Takasaki Radiation Chemistry Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 四本 圭一 YOTSUMOTO Keiichi
    • 日本原子力研究所高崎研究所 Takasaki Radiation Chemistry Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute
    • 田中 隆一 TANAKA Ryuichi
    • 日本原子力研究所高崎研究所 Takasaki Radiation Chemistry Research Establishment, Japan Atomic Energy Research Institute

抄録

日本原子力研究所 (原研) では, 放射線加工レベルの大線量校正用<SUP>60</SUP>Coγ線照射施設を独自に設計・製作した。そして, その特性および線量測定に関する性能を全体にわたり調べることにより, 原研において与えられる吸収線量値に関わる不確かさを評価した。線量計校正用装置は, 線量率5-200Gy/hおよび400Gy/h-20kGy/hの異なる線量率範囲を与える二つの線源, 線量計固定用ステージ, 正確な照射線量率測定用平行平板型電離箱, および特定の照射条件下における線量計校正に用いるために付属した温度・湿度制御照射容器によって構成した。本装置は, 一般的な運転時間 (8h) 内で0.5Gy-160kGyの線量範囲の既知線量を不確かさ±2.2% (95%信頼度相当) で被校正線量計に与えるために十分な照射場の特性および線量測定の性能をもっている。また, 原研で校正したアラニン線量計を用いたトランスファー線量測定により, 不確かさ±3.4% (95%信頼度相当) で線量を評価することが可能である。

<I>The</I> <SUP>60</SUP>Co <I>gamma-ray irradiation facility for high absorbed dose calibration at radiation processing dose level was originally designed and constructed in JAERI. Uncertainty in absorbed dose given at JAERI was estimated by reviewing its characteristics and dosimetry performance. Dosimeter calibration equipment consists of the two plaque</I> <SUP>60</SUP>Co <I>gamma-ray radiation sources giving different dose rate range of 5-200</I> Gy/h <I>and 400 </I>Gy/h-<I>20</I> kGy/h, <I>a dosimeter holder stage with high-reproducible positioning, a parallel plate ionization chamber for accurate measurement of exposure-rates, and an auxiliary temperature/humidity-controlled irradiation vessel for dosimeter calibration under specific irradiation condition. The characteristics of the irradiation field and dosimetry performance are sufficient to give a known dose to working dosimeters to be calibrated for absorbed doses in the range of 0.5</I> Gy <I>to 160</I> kGy <I>within a reasonable operation time, 8</I> h, <I>with an uncertainty of</I> ±<I>2.2% at a 95% confidence level. Calibration of dosimeters giving known doses by transfer dosimetry employing alanine dosimeters calibrated at JAERI is also achievable with an uncertainty of</I> ±<I>3.4% at a 95% confidence level.</I>

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 48(4), 247-256, 1999-04-15 

    公益社団法人 日本アイソトープ協会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002684725
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4695983
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ