竪シャフトによる自然排煙時の煙層予測に関する研究 Prediction of Smoke Layer in a Fire Compartment having a Smoke Shaft

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近,深層地下駐車場等の地下施設が増加する傾向にある。地下施設の火災では,外気と接する窓がないため濃煙・熱気が充満し易く,消防隊員が人命救助,消火活動等のために地下施設内へ進入できない恐れがある。そのため,消防活動上から地下施設での適切な排煙対策が求められている。<br>その一環として,本報では火災室における竪シャフトによる自然排煙効果を評価するための予測式の妥当性を調べるために,従来の二層ゾーンモデルから求めた予測式と小型模型による火災実験のデータと比較検討した。その結果,火災室の排煙口より下にある煙層の厚みが薄い場合は,煙と同時に煙層より下の空気を排煙口で吸入するため,排煙口の煙捕集率を新たに二層ゾーンモデルに導入する必要があることが判った。<br>(オンラインのみ掲載)

In order to evaluate the stack effect of the smoke shaft installed in a fire compartment, a series of experiments was conducted with a reduced scale model. Flow rate of exhaust gas through the shaft and smoke height in the compartment were measured. And these experimental data were compared with the predictions based on two layer zone model. <br>As a result, it was found that a certain adjusting parameter was required for prediction of smoke exhaust flow rate in order to predict experimental results with good accuracy. Because the smoke shaft exhausts fresh air of lower zone as well as smoke of upper layer, when the smoke layer thickness under the inlet of the shaft becomes thin.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集

    日本火災学会論文集 43(1), 21-29, 1995-09-30

    日本火災学会

参考文献:  14件中 1-14件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002685791
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    3621041
  • NDL 刊行物分類
    M036(環境科学・自然災害・防災科学--火災)
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ