中間避難階に要求される避難者密度の研究 Study on Refugee Density in case of Escape in a Building

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

火災発生時に地上への直接避難が難しい場合,避難者が建物内の安全区画に滞留し,一時的あるいは鎮火まで避難籠城しなければならない状況を想定し,このような場合,安全区画に要求される対人距離や面積を心理的な観点から明らかにすることを目的として,実測および実験を行った。心理的アンケートを用いて,被験者1人に対して,相手が1人及び8人の場合,心理的な圧迫感を受けないために必要な面積として,各々,2.6及び2.9m<sup>2</sup>/人を得た。また,実測により,電車待ち行列では,最密状態の場合,夏季及び冬季で,各々1.6及び1.9人/m,信号待ちの群集密度では,夏季及び冬季について,各々1.5及び1.6人/m<sup>2</sup>を得た。以上。安全区画内避難における人口密度の問題に焦点を絞り,計画上の知見を示した。<br>(オンラインのみ掲載)

It's difficult to escape from the top floor to the ground floor in a high-rise building, so having an escape floor standing in a siege midfloor will become an important method of escaping in case of a fire. Therefore to investigate the suitable population density to design the escape floor standing in a siege midfloor, we used the following method: (1) Assuming the comfortable escape area, from the experiment that the subject stands in the center of the circle and the object approaches to the subject, we measured "unbearable" distance and "began to feel the presence". (2) For investigating the interval length in the short period of time, we measured the interval length by people waiting for the train in one line during rush hour. (3) For investigating the actual crowd density, we measured the crowd waiting for a change of the signal at a crossing. We investigated the effect of the season by comparing with the summer and winter data. As a result, we found the crowd density stayed without the feeling of oppression in 0.3∼0.4 [p/m<sup>2</sup>], stayed in a short period of time in 1.5[p/m<sup>2</sup>], and the most crowd density in 2.5∼2.8 [p/m<sup>2</sup>], to design escape floor standing in a siege midfloor.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集

    日本火災学会論文集 45(1), 1-9, 1996-07-30

    日本火災学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

  • <no title>

    堀内三郎

    建築防火, 152-174, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    FRUIN J. J.

    歩行者の空間, 71-72, 1974

    被引用文献1件

  • 個人空間の究明

    HOROEITZ M. J.

    環境心理学 3, 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    PUSHKAREV B. S.

    歩行者のための都市空間, 174-183, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    佐藤方彦

    人間工学基準数値数式便覧, 1992

    被引用文献11件

  • <no title>

    HALL E. T.

    かくれた次元, 1970

    被引用文献14件

  • <no title>

    耐震 防火建築ハンドブック編集委員会

    最新耐震防火建築ハンドブック, 1991

    被引用文献1件

  • <no title>

    岡田光正

    新建築学体系13建築規模論, 1988

    被引用文献1件

  • <no title>

    鈴木成文

    建築計画, 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    岡田光正

    建築と都市の人間工学, 1977

    被引用文献3件

  • <no title>

    日本建築学会

    建築設計資料集成3単位空間I, 1980

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002685916
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4056241
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ