有機絶縁材料炭化物の電気的特性に及ぼす形成温度の検討 The Effects of Heating Temperature on Electrical Characteristics of Carbonized Organic Insulating Materials.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

これまでに木材や塩化ビニルなどの炭化温度と電気抵抗の関係などについて研究が行われているが,試料を高温度に加熱した状態で測定が行われているので,火災が鎮火したあとで採取された炭化状態の試料の特性をそれらから推定することができない。そこで本研究では,実火災を模擬する加熱特性を持った電気炉を用いて有機絶縁材料を加熱炭化させ,炭化物の電気的特性に及ぼす形成温度の影響について検討した。その結果,電流密度が概ね0.1~10mA/cm<sup>2</sup>の範囲では抵抗率が余り変化しないが,これ以上の電流密度ではジュール熱が無視できなくなって導電状態が不安定になり,急激に抵抗率が減少することが分かった。<br>(オンラインのみ掲載)

During the investigating cause of a fire, the organic insulating materials of electric wires and distributing fixtures carbonized by the fire are found out. It is necessary to make clear the electrical characteristics of carbonized materials. The studies on the relation between the heating temperature of carbonized wood and electrical resistance has been carried out so far, but it is not studied enough for using the investigating cause of a fire. Then the authors carried out the experiment to investigate the effects of heating temperature on electrical characteristics of carbonized organic insulating materials.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集

    日本火災学会論文集 45(1), 27-29, 1996-07-30

    日本火災学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002685944
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4056244
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ