火災に伴う室内圧力変動による火災感知システム Fire Alarm System by Detecting the Change in the In-door Pressure Due to Fire

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

火災を正確に感知するためには,火災時に発生する現象を,より多く把握する必要があり,現在各方面から研究が進められている。<br>本論では,その一手法として火災に伴う間接的現象である室内の圧力変動のうち,極低周波の圧力変動に注目し,火災感知の可能性を追求した。<br>その結果,提案したシステムは,当実験室において燻焼等の燃焼拡大速度の緩慢なケースを除き火災感知が可能であるとともに,従来の熱や煙による感知器と比較し,火源からの距離やセンサーの設置位置から受ける感知速度への影響が少ないことが判明した。<br>(オンラインのみ掲載)

Conventional fire alarm systems detect fire by the symptom of direct fire effects such as smoke generation, heat release and/or light emission. In certain situations all of these symptoms yield miss-alarm. Fire alarm systems that detect fire by the indirect symptom are required. Fusion of sensors that detect the direct and indirect symptoms yields more confident alarm than the conventional alarm. <br>This paper describes a new type of fire alarm system that detects symptom of fire by the change in the in-door pressure due to a fine. The in-door pressure, however, changes not only by the effect of fire but also by the noise in daily life. Here we focus to develop a system that discriminates the pressure due to fire from those due to our daily life and detect the fire. Variety of experiments were carried out and results show the validity of the proposed system.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集

    日本火災学会論文集 47(1), 13-20, 1997-10-31

    日本火災学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002686056
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4365639
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ