地震時および強風下における市街地火災の延焼速度と予測に関する基礎的研究 A Basic Study on Fire Spread Speed and Prediction both Earthquake and Strong Leeward Fire in Urban Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,地震時および強風下における市街地火災の延焼速度の予測について,兵庫県南部地震の神戸市内および酒田大火の資料に基づいて述べたものである。すなわち,焼損面積から延焼速度の平均値を求め,延焼速度の最大値および延焼速度の実測値の最大値などの諸関係について予測する論理的考察を行うとともに実例を通して分析した。地震時火災については,各調査地区の予測される延焼速度の最大値について表に示した。酒田大火の場合の延焼速度は,出火から300分前後でほぼ最大値を示し,約150~160m/hと予測できることなどを示した。<br>(オンラインのみ掲載)

There have been many researches of fire spread speed of city area fires at the time of earthquakes since the Great Kanto Earthquake. Those research results were introduced to the city fire prevention plans. And various ideas were examined. Fire spread speed changes by the structure, arrangement, density of building and so forth. Quite a lot part of the research was mainly the relation between wind velocity and fire spread speed. Thereupon, factors such as the structure, arrangement, density, wind velocity and also time of a building fire spread area at the time of an earthquake and the strong leeward has been analyzed. First of all, the mean value of fire spread speed has been obtained from the burn-out area. Next, each relation such as maximum value, minimum value of fire spread speed has been examined.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集  

    日本火災学会論文集 48(1), 1-10, 1998-06-30 

    Japan Association for Fire Science and Engineering

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002686088
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4534397
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ