大規模原油タンク火災の放射性状に関する研究 Study on Radiation Characteristies of Large Crude Oil Fires

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

原油を燃料として,一辺15m角の容器を用いて火災実験を行い,火炎からの放射受熱量,火炎の放射発散度及び火炎の部分ごとの放射発散度を求めた。また,小規模実験の結果との比較から,火炎の放射発散度は,本研究で示した5つの大きさの容器の中では,一辺2.7m角の容器の火炎が最大の値を与え,一辺15m角の火炎では大きく減少した。一辺15m角の容器の場合,火炎からの放射受熱量は,火炎基部からのものが大部分であった。<br>(オンラインのみ掲載)

In order to understand the radiation characteristics of large tank fires, total and local radiant emittance were measured in a crude oil 15 m square vessel fire using an IR camera. <br>Comparing 15 m square vessel fire data and the smaller ones, size effects were found, that is, radiant emittance of flame was the highest in a 2.7 m square vessel fire among these size tests, because radiation was blocked in the 15 m square vessel fire due to a huge amount of smoke. <br>It was also found that the radiant emittance was large at a very low part of the flame in the 15 m square vessel fire, which means most of total radiation to a target was emitted from the flame base. Therefore we should mainly consider irradiance from the low part of the flame for fire-fighting against a large oil tank fire.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集  

    日本火災学会論文集 48(1), 25-31, 1998-06-30 

    Japan Association for Fire Science and Engineering

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002686140
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    4534400
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ