天井面での軸対称煙伝播における煙先端部の移動性状 (PartII)温度変化を伴う密度流先端部の移動性状 Mathematical Model and Experiments of Axisymmetric Spread of Smoke Front under Ceiling (Part II)Axisymmetric Spread of Density Flow Front with Changing Temperature

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

従来のゾーンモデルでは取り扱いが困難であった広い空間内の天井面を軸対称に拡大する煙先端部の移動性状を,先端部の移動速度については前報(Part I)で示した密度変化がない場合の先端部移動のモデルを用い,新たに熱損失に伴う煙層全体の平均温度の変化を考慮した先端部移動のモデルの拡張を行った。次いで,熱気流を用いた模型実験により定式化の妥当性を検証し,実験値と計算値の良い一致を得た。<br>なお,実際の建物における煙流動の予測に用いるためには,プルーム域を含めた天井面衝突直後の過渡領域の取り扱いなど,今後さらに検討が必要である。<br>(オンラインのみ掲載)

The purpose of this paper is to describe a mathematical model for the prediction of horizontal axisymmetric spread of smoke front under ceiling. In part II, the result of Part I for the prediction of velocity on smoke front is used, and the conservation of heat and mass in overall smoke layer is considered, then the change of the average temperature of smoke layer is considered. The prediction of a mathematical model in region -II and -III is compared with model experiments using thermal smoke flow. <br>The calculation results of the front location of smoke flow agree well with the experimental results with changing temperature. Therefore a mathematical model of axisymmetric smoke spread with changing temperature by use of the average temperature is usable to predict the front location of smoke flow.

収録刊行物

  • 日本火災学会論文集  

    日本火災学会論文集 48(2), 45-51, 1998-12-25 

    Japan Association for Fire Science and Engineering

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002686164
  • NII書誌ID(NCID)
    AN0018688X
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    05460794
  • NDL 記事登録ID
    108270
  • NDL 雑誌分類
    ZN1(科学技術--建設工学・建設業)
  • NDL 請求記号
    Z16-105
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ