河川合流による流路勾配の変化に関する実験的研究 Esperimental Study of Changes in Channel Slope at Stream Confluences

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

水理条件を異にする二つの水流を合流させる水路実験を行ない, 合流点で起こる流路勾配の変化を調べた。勾配可変式の小型水路で両水流の給水量と給砂量をそれぞれ100~300cm<sup>3</sup>/sと1.8~3.6gm/sの範囲で変化させながら, 19通りの実験を行なった。合流後の流量と流砂量の相対的な増加率によって流砂濃度は変化する。流路勾配の変化は, 流砂濃度の変化にともなって多様な様相を示し, 水理幾何にもとづいた予想とは必ずしも一致しない。流路勾配の変化率は, 合流する両水流の流量比に対して傾向を示さない。しかし, 流砂濃度比に対して高い正の相関関係があり, 合流水流の流砂含有量が勾配変化に及ぼす影響は大きい。

Flume experiments are conducted to evaluate the change in channel slope at a stream confluence. The rate of change in the slope of the main channel at the confluence is only weakly related to the discharge ratio of two tributaries, but exhibits a strong positive relationship with the sediment concentration ratio of the confluent flows. This finding indicates that the slope adjusts basically to sediment transport through bed shear stress and the sediment content of the incoming flows plays a primary role in slope change at a stream confluence.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 48(3), 179-187, 1996-08-30 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695420
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4034836
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ