北海道置戸町鹿ノ子ダム, 鹿ノ子大橋左岸の永久凍土の衰退 Degradation of Extra-zonal Permafrost near Kanoko Dam, Oketo Town, Hokkaido, Northern Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

永久凍土は, 普通年平均気温が0~-2℃以下の地域に分布するが, プラス数℃の地点でも点在的に存在することがある。北海道置戸町では, 1979年に道路工事の際に地下氷が発見された。著者はこの地点で, 1987年以降地温観測を行なってきた。地温が気温の季節変化に応じて地下10m深まで変動し, 永久凍土の下限は融解期に上昇し, 凍結期に下降した。1989年までは規模を縮小しつつも永久凍土は残存していたが, 1990年の秋には融解した。ここには風穴が存在し, 地中で熱の移流があり, 永久凍土の保存に有利になっていたと考えられた。

Ground temperature monitoring near Kanoko dam, Oketo town, Hokkaido, has been conducted since 1987. Ground ice was discovered in 1979 at the site where annual mean air temperature is estimated to be about 3°C. Ground temperature alternated with seasonal air temperature variation. Permafrost base raised in thawing season, and lowered in freezing season. Extrazonal permafrost had been degrading but existed until at least 1989. Finally it melted out by the fall of 1990. It is likely that advective heat flow, which is related to wind blowing holes, played roles in aggradation and preservation of frozen ground.

収録刊行物

  • 季刊地理学 = Quarterly journal of geography  

    季刊地理学 = Quarterly journal of geography 48(4), 293-302, 1996-10-01 

    The Tohoku Geographical Association

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002695508
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10379267
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09167889
  • NDL 記事登録ID
    4548878
  • NDL 雑誌分類
    ZG7(歴史・地理--日本--地方史・誌)
  • NDL 請求記号
    Z8-383
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ